化学応用学専攻生がECS国際会議においてPoster Award(第一位,第二位)を受賞

2015/10/22

2015年10月13日、アリゾナ州フェニックス(アメリカ)で開催された228th Electrochemical Society (ECS) Meeting(第228回アメリカ電気化学会大会)の学生ポスターセッションにおいて、化学応用学専攻修士2年(無機表面化学研究室)伊藤大喜さん、町田健太さんが学生ポスター賞Solid-State部門の第一位、第二位を獲得しました。

【受賞対象】

1) Effect of etchant composition on surface morphology of GaAs during anisotropic chemical etching (Daiki Ito, Hidetaka Asoh, Sachiko Ono)
受賞コメント(伊藤さん)
この度はStudent Poster Session Award(1st Place-Solid State)を頂き、大変光栄に思います。このような賞をいただけたのも小野先生、阿相先生、橋本先生のご指導をはじめ、多くの方々からのお力添えがあったからだと思います。この場をお借りして、感謝申し上げたいと思います。今回の受賞を励みに、今後も一層の努力を重ね研究に邁進していきます。

2) Evaluation of dynamic hydrophobicity of nanoporous silicon surfaces prepared by metal-assisted chemical etching (Kenta Machida, Hidetaka Asoh, Naoya Yoshida, Toshinori Okura, Sachiko Ono)
受賞コメント(町田さん)
この度はStudent Poster Session Award(2nd Place-Solid State)を頂き、大変光栄に思います。日頃からご指導頂いている小野先生、阿相先生、橋本先生をはじめ、大倉先生と吉田先生、研究室の皆様に厚くお礼申し上げます。今回の受賞を励みに、今後も研究に専念していきます。
アメリカ電気化学会(ECS)
ECS は、1902年に設立された歴史と伝統のある、固体物理と電気化学の科学技術分野で最も権威ある学会。毎年春と秋に開催される国際会議には、世界各国から多くの産官学の研究者、技術者が参加し、最先端の熱心な議論が行われることを特徴としている。
無機表面化学研究室ホームページ
無機表面化学研究室
化学応用学専攻
大学院の活動・実績