情報学専攻生が日本経営システム学会においてJAMS学生研究発表優秀賞を受賞

2017/04/17

2016年10月15日~16日に開催された日本経営システム学会において、情報学専攻1年(経営情報システム研究室)中振 昇さんが「路線バスにおける利用者予測モデルを用いた潜在需要の刺激要因に関する考察」による研究発表で、JAMS学生研究発表優秀賞を受賞しました。

受賞コメント
今回、日本経営システム学会においてこのような賞を頂くことができ本当に嬉しく思います。研究に際し指導教員の三木先生や共同研究者である西東京バス株式会社様より多大なご指導ご鞭撻頂きました。この場を借りて感謝申し上げます。今後も地元企業と大学研究の連携を核に、地域社会の発展につながるような研究を続けていきたいと思います。
[2015年12月25日掲載ニュース]【産学連携】工学院大学×西東京バス コラボ企画、学生がデザインした「にしちゅんバス」が完成