• Home
  • 2017年度のお知らせ
  • 工学院大学ソーラーチームが製作したマシン[ OWL ]が 東京モーターショー2017 ブリヂストンブースに登場

工学院大学ソーラーチームが製作したマシン[ OWL ]が 東京モーターショー2017 ブリヂストンブースに登場

2017/10/26

2015年世界大会準優勝、2016年国内大会で新記録樹立・総合優勝の実績

工学院大学(学長:佐藤光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト「工学院大学ソーラーチーム」の学生たちが2015年に製作したソーラーカー[ OWL ](あうる)が、2017年10月25日~11月5日※の期間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第45回東京モーターショー2017」のブリヂストンブースに登場します。
  • ブリヂストンブースイメージ(場所:東ホール6) 画像中央の車両が[ OWL ]
工学院大学ソーラーチームが製作したマシン[ OWL ]が 東京モーターショー2017 ブリヂストンブースに登場 [354KB]

本件のポイント

  • 東京モーターショー2017のブリヂストンのブースに、ソーラーチームが2015年に製作したソーラーカー3号機[ OWL ]を展示。
  • [ OWL ]は、2015年10月の世界大会で準優勝。さらに、2016年8月の国内大会では、大会新記録を樹立し総合優勝。
  • 大学の研究資源(教員)や“ものづくり”の施設を最大限に活用、マシンの設計・製作からソーラーカーのドライバーなどレースのすべてを学生が担う。

本件の概要

東京ビッグサイトで開催される「東京モーターショー2017」のブリヂストンブースに、工学院大学ソーラーチームの学生たちが開発・設計から製作までのすべてを手掛け、作り上げたソーラーカーが展示されます。
今回展示されるマシンは、3号機[ OWL ]で、2015年10月にオーストラリアで開催された世界最大級のソーラーカーレース「2015ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」のクルーザークラスで準優勝、翌2016年8月に秋田県大潟村で開催された国内大会「ワールド・グリーン・チャレンジ2016」では、大会新記録を樹立し総合優勝を果たしています。
また、工学院大学ソーラーチームは2017年10月8日~15日にオーストラリアで開催された「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に4号機となる[ Wing ]を製作しチャレンジャークラスに参戦。エントリー27チーム中、完走は12チームという過酷なレースにおいて、オーストラリア大陸3,021kmを完走し、クラス7位(日本勢では2位)という成績を収めました。
チームを支える数多くのサポート企業の中で、世界最大のゴム・タイヤメーカーであるブリヂストンより、3号機[ OWL ]、4号機[ Wing ]ともに、次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」などの提供を受け参戦しました。

■第45回東京モーターショー2017: http://www.tokyo-motorshow.com
※プレスデー:10月25・26日、プレビューデー:10月27日、一般公開日:10月28日~11月5日
■工学院大学ソーラーチーム特設サイトはこちら: http://www.kogakuin.ac.jp/solar
取材に関するお問い合わせ
学校法人 工学院大学 総合企画部広報課/担当:関根・堀口・松本
E-mail: gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp TEL:03-3340-1498
工学院大学ソーラーチーム特集
課外活動一覧