• Home
  • 2017年度のお知らせ
  • 鈴木健司教授(機械システム工学科)が「日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門優秀講演論文表彰」を受賞

鈴木健司教授(機械システム工学科)が「日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門優秀講演論文表彰」を受賞

2017/11/14

2017年11月2日、日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門主催 第8回マイクロ・ナノ工学シンポジウムにおいて、鈴木健司教授(機械システム工学科)が 優秀講演論文表彰を受賞しました。
 
対象論文:
Kenji Suzuki, Richard Waki Ichinose, Hideaki Takanobu, and Hirofumi Miura, 
"Development of water surface mobile robot inspired by water striders"
Micro & Nano Letters, Vol. 12, Iss. 8, 2017, pp. 575–579. 
 
受賞者:
鈴木健司 教授(機械システム工学科)
一瀬リシャール和喜(2017年機械工学専攻修了)
髙信英明 教授(機械システム工学科)
三浦宏文非常勤特任教授

受賞コメント
マイクロ・ナノ工学部門は、マイクロ・ナノメートルの領域における工学・理学に機械工学がさらなる主体的貢献を行うことを目的とし、 マイクロ・ナノ工学専門会議を前身として横断的な活動をさらに進めるために2012年4月に発足した研究活動組織です。
日本機械学会マイクロ・ナノ工学部門ホームページ
マイクロシステム研究室(鈴木 健司 教授)