• Home
  • 2017年度のお知らせ
  • 建築学専攻生が一般社団法人日本鋼構造協会鋼構造シンポジウム2017において優秀発表表彰を受賞

建築学専攻生が一般社団法人日本鋼構造協会鋼構造シンポジウム2017において優秀発表表彰を受賞

2017/11/24

2017年11月16日に開催された一般社団法人日本鋼構造協会鋼構造シンポジウム2017において、建築学専攻2年(山下哲郎研究室)野原大樹さんが「鉄骨置屋根構造ピン支承部の復元力特性に関する研究」と題する研究発表で、優秀発表表彰を受賞しました。

受賞コメント
この度、シンポジウムにおいてこのような評価をいただけたことを大変嬉しく思っております。山下哲郎教授ならびに山下研究室の皆様に深く感謝申し上げます。
山下(哲郎)研究室