[クロスミントン同好会]クロスミントン「JAPAN AUTUMN OPEN 2018」 交流と挑戦

2018/10/09

9月15日~17日の期間にクロスミントンの国際大会、「JAPAN AUTUMN OPEN」が埼玉県さいたま市浦和駒場体育館で行われました。私たちクロスミントン同好会からは、15日のオープンダブルスに赤塚・橋本ペア(両二年)、ミックスダブルスに渡邊(二年)、16日のオープンシングルスに赤塚と渡邊、女子シングルスに山口(一年)が参加しました。
 
大会には多くの方々が参加し、メンバーは対戦相手や他のチームのメンバーと交流を深めました。参加者の多くが社会人のため交流の中で良い刺激を受けることができました。また、部長の渡邊は外部の社会人の方とダブルスを組み今大会に臨みました。
試合の結果はダブルスで赤塚・橋本ペアが一勝、渡邊がシングルスで一勝したものの、全員が予選リーグ敗退となってしまいました。しかし、今回の大会では社会人を相手に全員が善戦をすることができました。デュースの場面も多く、今後メンタル面の強化も必要であると感じました。一年生の中で唯一参加した山口は、自分に足りないものを発見することができた良い大会になりました。大学入学後から練習には欠かさず参加していた山口は、ラケット競技初挑戦ながらも最後まであきらめることなく戦っていました。
 
現在部内で日本ランキング最高は副部長の赤塚で19位。部内の競争も激しくなる中、次の大会は11月の韓国オープン、1月の八王子カップです。我々の挑戦はまだまだ続きます。
クロスミントン同好会