鈴木敏彦教授(建築学科)のチームが「WRS FCSC 2018」トイレ清掃タスクで2位入賞

2018/10/22

鈴木敏彦教授(建築学科)と首都大学東京・産業技術研究所との共同チーム(TAK)で新規開発したトイレロボットが、東京ビックサイトで開催の「World Robot Summit 2018」(開催期間:10月17日-10月21日)で行われた「WRS FCSC 2018」トイレ清掃タスクで、2位(WRS実行委員長賞)入賞を果たしました。
World Robot Summit 2018
フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ
鈴木研究室