COMSOL Conference 2018 Tokyoで機械工学専攻生が優秀ポスター発表者賞を受賞

2019/01/17

2018年12月7日にCOMSOL Conference 2018 Tokyoで行われたポスター発表で本学機械工学専攻の青木皓平さんが優秀ポスター発表者賞を受賞しました。
 
ポスターセッションで自身の研究課題である"音場浮遊法を用いた粒子凝縮に関する解析"に関して発表を行い、研究内容などが審査されました。
研究内容のオリジナリティや応用性、ポスターの見栄えの良さ、質疑応答の対応等が評価され、ポスター発表の参加者の中から、優秀ポスター発表者賞を授与されました。

名称 COMSOL Conference 2018 Tokyo
日時 2018年12月7日
会場 秋葉原UDXギャラリー/ネクスト
混相流工学研究室