情報学専攻生が第19回ヒューマンインターフェース学会学術奨励賞を受賞

2019/02/19

ヒューマンインターフェースシンポジウム2017での研究発表が評価され、情報学専攻修士課程2年の金田青瑚さんが第19回ヒューマンインターフェース学会学術奨励賞を受賞しました。
 
発表の演題は「運動制御ネットワークに基づいたVRニューロフィードバック」。
脳波でヴァーチャルリアリティ(VR)の仮想身体を制御する研究で、リハビリテーション応用などの基礎技術として研究成果が評価されました。
 
受賞コメント
今後ますます発展していくと考えられる脳波やVR技術をテーマにした研究で、名誉ある賞をいただき大変嬉しく思います。ご指導いただいた田中久弥教授と、研究に協力いただいた同じ研究室のメンバーに、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
生体情報処理研究室