• Home
  • 2018年度のお知らせ
  • 電気・電子工学専攻生が映像情報メディア学会放送技術研究会で学生・若手発表優秀賞を受賞

電気・電子工学専攻生が映像情報メディア学会放送技術研究会で学生・若手発表優秀賞を受賞

2019/03/01

電気・電子工学専攻修士課程1年の兼平真央さん(指導教員:前田幹夫教授)が、映像情報メディア学会放送技術研究会において、学生・若手発表優秀賞を受賞しました。
 
研究題目は「ダイバー間のハンズフリーな会話を目指した可視光通信システムの検討」。
これまでダイバー間の通信は身振り手振りか1対1で使い勝手が悪かったが、海中光伝送の知見を基に複数のダイバーが同時にハンズフリーな会話ができるシステムの提案を行い、その有効性と発表態度に高い評価をいただきました。
 
受賞コメント
この度は名誉ある賞をいただき、大変嬉しく光栄に思います。指導教員である前田先生をはじめ、研究室の皆様、共同研究を行っている株式会社NHKアイテック様の助成があったからこそ、この度の賞を受賞できたのだと思います。この場をお借りして心より感謝いたします。本受賞を励みに、今後もより一層精進して参ります。
電子回路・光応用研究室