鉄道講座の無料特別講座「自動運転時代の鉄道の可能性」を開催

2019/07/01

6月22日(土)、本学新宿キャンパスのアーバンテックホールにて、鉄道講座の無料特別講座が開催されました。

170名を超える方が来場する中、鉄道講座の監修者である曽根 悟 非常勤特任教授(工学部電気電子工学科)が鉄道講座の歴史や今後の講座を紹介し、続いて、高木 亮 教授(工学部電気電子工学科)による講演「自動運転時代の鉄道の可能性」が始まりました。

 

高木先生は、無人・自動運転の利点を省力化の他に3点挙げ、運行の高頻度化の長所や、公共交通利用個別支援システムに関する研究の最前線を紹介しました。「安全性への懸念にどう応えるかが課題」とし、安全性向上策を提案して、締めくくりました。

 

質疑応答では、当日参加された鉄道講座講師がステージ上に揃い、質問の内容によって専門の先生が応えました。
6月26日(水)からは、高木先生による入門講座が始まります。鉄道を本格的に学びたいとお考えの方は、ぜひご受講ください。
【プレスリリース】工学院大学、鉄道講座の「入門講座」を新設し6月26日開講 ~鉄道業界を目指す方や鉄道関係者の学びを支援~