2020年度リーダーズキャンプを開催

2020/12/28

課外活動の更なる活性化と学生団体リーダー層の育成を目的に『リーダーズキャンプ』がオンライン(ZOOM)にて12月18日(金)に開催されました。

今年度は、例年の目標に加え、チームメンバー内の交流をはかることをメインテーマに、2年生以上のリーダー層及び1年生を対象に実施し、119名の学生が参加しました。

プログラム冒頭では、「離れていてもワンチーム」をテーマに、2019年度学園祭実行委員長、現在では学生プロジェクト「まち開発プロジェクト-Smart Tech-」で活躍している梅津康生さん(建築学部建築デザイン学科4年)からチーム目標の共有の仕方やメンバーの一体感を出すための工夫などについて、講演がありました。

次に、設定された3つのケースについてグループディスカッションを実施。各グループで4年生のグループアドバイザーのもと、活発な議論を交わしました。例年とは異なり、オンライン上でのディスカッションとなりましたが、どのグループも短い時間で意見をまとめ、発表を行いました。

学生団体活動(課外活動)の活性化は、学生個々の成長や大学全体の発展と密接な関係にあります。 今年で33回目となるリーダーズキャンプは、学生団体マネジメントにおいて今必要な知識やスキル、マインドを醸成するため、時代のニーズに合わせたリーダーの育成を目的としています。