桐山善守教授が、テクニカルライティング講座に登壇

2021/07/28

桐山善守教授(機械システム工学科)は、8月25日、「学生向けテクニカルライティング入門」(主催:一般財団法人テクニカルコミュニケータ-協会。略称:JTCA)にコーディネーターとして登壇します。TCシンポジウム2021の一環で、8月のオンラインライブ配信の一つです。

理系学生の中には、文章作成に苦手意識を持つ方も少なくないようです。テクニカルライティングは、技術的な内容をわかりやすく伝えるための手法で、授業の課題レポートや卒業・修士論文の執筆にも役立ちます。この講座では、就職活動の際に提出するエントリーシートを想定して、推敲ポイントなどを紹介します。特に今回は、企業で活躍するプロのマニュアル作成者が、皆さんのエントリーシートを推敲していきます。

桐山先生のご専門は生体医工ですが、エンジニアの基本技術の1つである文書作成法についても学内外で指導しています。

■詳細

学生向けテクニカルライティング入門(TM01)概要 *主催者サイト
8月25日10:00-11:00トラックC