電気・電子工学専攻生2名がIEEE VTS APWCS 2021で受賞

2021/09/06

2021年8月30-31日にオンラインで開催された国際会議IEEE VTS APWCS 2021において、電気・電子工学専攻修士2年の小菅大輔さん、同専攻修士1年の西村尚子さんがそれぞれ受賞しました。


  • 電気・電子工学専攻修士2年 小菅大輔さん(ワイヤレスコミュニケーション研究室・大塚裕幸教授)
    研究題目:Transmission Performance of OFDM-based 1024-QAM under Different Types of Multipath Fading Channels
    受賞:APWCS Young Researcher's Encouragement Award(APWCS若手研究者奨励賞)

  • 電気・電子工学専攻修士1年 西村尚子さん(ワイヤレスコミュニケーション研究室・大塚裕幸教授)
    研究題目:Throughput Performance of HetNets using Sectorized Picocells with 3D Beamforming at 28 GHz Band in Multipath Fading Channels
    受賞:APWCS Student Paper Award (学生論文賞)

採録された論文をIEEE VTS Tokyo/Japan Chapterにて審査した結果、受賞に相応しいと判断されました。なお、表彰式は2021年8月30日にオンラインで開催されました。

電気・電子工学専攻
大学院の活動・実績