学生が3000個の光と懐かしい写真の投影で西新宿を彩る

2021/12/27

工学院大学(学長:伊藤 慎一郎、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生は、12月24日-25日に新宿中央公園で開催されたCandle Night @Shinjuku -新宿想い線-に参画し、建築学や情報学の知識を活かして、活気あるまちづくりに協力しました。

【プレスリリース】学生が3000個の光と懐かしい写真の投影で西新宿を彩る [552KB]

活動したのは、まち開発プロジェクトに所属する学生41名です。コロナ禍でも安全に人と人とがつながる活気あるまちを目指そうと、学生たちはCandle Night @Shinjuku -新宿想い線-のチラシ作成や会場全体のデザインなどを担当しました。同イベントのキャンドルはプラスチックのグラスに小型LEDライトを入れる形状で、専用の用紙をグラス側面に沿って入れるとライトが模様を照らし出す仕組みです。地域の小学校やサイトで配布した用紙は、気軽に楽しく色を付けられるように学生が図案を5件考案しました。色鮮やかなキャンドルが3000個並ぶ風景と見学者が何枚も写真を撮る様子に、学生たちは大きな達成感を得ました。今年もコロナ禍で積極的な集客が難しいため、オンラインでの参加方法も用意。学生によるSNS発信と、実行委員会メンバーのグロースエクスパートナーズ株式会社によるオンラインぬり絵の作品募集・発信にも、多くの方が参加しました。

同会場で同時開催された「プロジェクションマッピング古の新宿をしのぶ」は、学生たちの自主企画。滝をスクリーンとして昭和30年代の新宿駅周辺風景や、同公園にかつて存在した滝を投影し、新宿への想いで多くの人がひとつになる活動となりました。

■Candle Night @Shinjuku -新宿想い線- 開催概要

日 時 2021年12月24日-25日、共に17:00‐20:00
会 場 新宿中央公園 水の広場
主 催 Candle Night @Shinjuku実行委員会
学生活動詳細
まち開発プロジェクトtwitter

■プロジェクションマッピング古の新宿をしのぶ 開催概要

日時・会場 同上
主 催 工学院大学まち開発プロジェクト
  • 学生主催「プロジェクションマッピング古の新宿をしのぶ」の様子


取材に関するお問い合わせ 学校法人 工学院大学 広報課
担当:堀口・樋口・森川
E-mail: gakuen_koho@sc.kogakuin.ac.jp
TEL: 03-3340-1498
トップへ