• Home
  • 2021年度のお知らせ
  • 工学院大学などの国際研究チーム、 巨大ブラックホール天体「いて座A*」電波放射領域の構造を解明

工学院大学などの国際研究チーム、 巨大ブラックホール天体「いて座A*」電波放射領域の構造を解明

2022/02/22

工学院大学(学長:伊藤 慎一郎、所在地:東京都新宿区/八王子市) の紀 基樹 客員研究員 (教育推進機構)と、国立天文台水沢VLBI観測所、東京大学宇宙線研究所、韓国天文研究院、スペイン アンダルシア天体物理学研究所(IAA)、中国 上海天文台などからなる国際研究チームは、東アジアVLBI観測網による波長1.3センチと7ミリ帯の電波観測データから、天の川銀河の中心にひそむ巨大ブラックホール天体「いて座A* (エースター)」の詳しい構造が明らかになりました。観測で得られた放射領域の大きさは、いて座A*の巨大ブラックホールに降着するガス流の中に非常に高いエネルギーに加速された非熱的電子(注1)が含まれていることを、そして放射領域のほぼ円形な形状は、降着円盤の回転軸(もしくは微弱なジェットの噴出方向)がほぼ地球方向に向いている可能性を示唆しています。本研究はスペインのアンダルシア天体物理研究所に所属する趙 壹濟(チョウ・イルジェ ) 氏が率いる研究チームを中心として行われ、2022年2月22日に米国の天体物理学専門誌「アストロフィジカル・ジャーナル」に掲載されました。

【プレスリリース】工学院大学などの国際研究チーム、 巨大ブラックホール天体「いて座A*」電波放射領域の構造を解明 [942KB]

国際研究チーム各機関のリリースページ

Intrinsic structure of the supermassive black hole at the center of our Galaxy

Astronomers have found that underlying structure of the supermassive black hole at the center of Milky Way, named Sagittarius A* (Sgr A*), is almost circular from the East Asian VLBI Network (EAVN) observations at 1.3 cm and 7 mm wavelengths. Its size may indicate the accretion flow around the Sgr A* contains the nonthermal electrons, and the shape tells us the accretion flow’s rotation axis (or a possible radio jet) may be almost pointing at the Earth.

【Press Release】Intrinsic structure of the supermassive black hole at the center of our Galaxy [457KB]
The Intrinsic Structure of Sagittarius A*at 1.3cm and 7mm
The Astrophysical Journal
トップへ