生物医化学研究室

疾患の原因を化学と遺伝子工学で解明する

指導教員:小山 文隆 教授 / 坂口 政吉 准教授

化学と遺伝子工学を用いて、生命と病気に関わるさまざまな課題の解明に取り組んでいます。パーキンソン病やアルツハイマー病などの人々を苦しめる疾患に関わる遺伝子・タンパク質を調べ、発症機構の解明、予防、治療に関わる研究や、カニの甲羅に含まれ、体に良いといわれるキチンを分解し、喘息・アレルギーなどの疾患に関わる哺乳類キチン分解酵素(キチナーゼ)の機能に関する研究、火山や温泉などの極限状態に生息する生物が生産する有用な酵素の機能に関する研究を行っています。


主な研究
テーマ
疾患に関わる遺伝子とタンパク質
哺乳類キチナーゼの機能研究
キーワード 疾患に関わる遺伝子 / キチン / キトサン / キチンオリゴ糖 / キチナーゼ

研究室紹介動画

研究室ホームページはこちら

関連する「持続可能な開発目標(SDGs)」

工学院大学は、最新の科学技術や産業技術の研究・活動に注力するとともに、持続可能な循環型社会づくりに向け、地球規模の視野を持ち世界をリードできる人材の育成をめざします。

先進工学部の研究室