冨永祥子准教授(建築デザイン学科)が「IOC/IAKS Awards」にてBRONZE MEDALを受賞

2015/12/22

冨永祥子准教授(建築デザイン学科)設計の八王子キャンパス弓道場・ボクシング場が「IOC/IAKS Awards for Exemplary Sports and Leisure Facilities 2015」にてBRONZE MEDALを受賞しました。この賞は世界の優れたスポーツ・レジャー・娯楽施設を表彰する建築賞で、今年はカナダ、ブラジル、オーストラリア、アンゴラ、日本、ドイツ他世界各国から、129のプロジェクトの応募がありました。賞は6つのカテゴリ(①屋外競技場/②コミュニティ広場/③多目的ホール・アリーナ/④スポーツ・レジャー・レクリェーションのための屋外施設/⑤プール・スパ・ウェルネス施設/⑥スポーツ・レジャー・レクリェーションのための専門施設)ごとに審査があり、工学院大学弓道場・ボクシング場はカテゴリー⑥において、日本の伝統建築を現代に美しく昇華したデザインが認められ、このたびBRONZE MEDALを受賞しました。

  • 撮影:小川重雄
IAKSホームページ
冨永研究室
建築デザイン学科
建築学部
建築学部の活動・実績