• Home
  • 2016年度のお知らせ
  • 化学応用学専攻生がThe 3rd Korea-Japan Joint Symposium for ARS & ESSにおいてBest Presentation Awardを受賞

化学応用学専攻生がThe 3rd Korea-Japan Joint Symposium for ARS & ESSにおいてBest Presentation Awardを受賞

2016/11/30

2016年11月26日に韓国(済州)で開催されたThe 3rd Korea-Japan Joint Symposium for ARS & ESS(アノード酸化とエネルギー貯蔵システムに関する第三回韓日合同シンポジウム、主催:韓国表面工学会(KISE)、韓国電気化学会(KECS)、(社)表面技術協会 金属のアノード酸化皮膜の機能化部会(ARS))において、化学応用学専攻1年(無機表面化学研究室)石野真美さんが「Fabrication of porous alumina film by indirect oxidation」による研究発表で、Best Presentation Awardを受賞しました。

受賞コメント
この度は、Best Presentation Awardを頂き、大変嬉しく思います。阿相先生、橋本先生のご指導をはじめ、多くの方々のご協力・ご支援によりこのような賞を受賞することができました。この受賞を励みに、より一層努力を惜しまず研究活動を行おうと思います。
無機表面化学研究室
化学応用学専攻
大学院の活動・実績