機械工学専攻生が日本人工臓器学会において萌芽研究ポスター賞を受賞

2016/12/05

2016年11月24日に開催された日本人工臓器学会において、機械工学専攻生2名が萌芽研究ポスター賞を受賞しました。
受賞者 研究発表
機械工学専攻博士課程2年(生体医工学研究室)日野 遥さん 「方向性のある過重力刺激が細胞挙動に与える影響」
機械工学専攻修士課程1年(生体医工学研究室)杉本大己さん 「回転円板を用いた流体によるせん断応力が細胞に与える影響」
受賞コメント:日野 遥さん
今回で、萌芽ポスターセッションへの参加は3回目ですが、セッション賞を自分がいただけるなど考えもしておりませんでした。非常に嬉しく考えております。今後は更に研究に力を注ぎたいと考えています。
受賞コメント:杉本 大己さん
このように表彰されるのは初めてなので、うれしく思います。これからも研究に積極的に取り組みたいと思います。
生体医工学研究室
機械工学専攻
大学院の活動・実績