機械工学専攻生が軽金属学会において優秀ポスター発表賞を受賞

2018/06/21

2018年5月26日~27日に開催された軽金属学会において、機械工学専攻2年(精密加工研究室)朝比奈 洋さんが「強ひずみ加工されたβ型チタン合金の平面曲げ疲労特性」と題する研究発表で、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

受賞者のコメント
この度、軽金属学会にて優秀ポスター発表賞を頂き、大変光栄に思っております。この賞を頂けたのも、日頃よりご指導頂いている久保木先生、柳迫先生のおかげと考えておりますので、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

一般社団法人軽金属学会
アルミニウム・マグネシウム・チタンなどの「軽金属に関する学術・技術の進歩発展を図り、工業の発展に尽くす」ことを目的として、1951年(昭和26年)に発足した軽金属に関する我が国唯一の学術団体です。これらの目的を達成するために以下の6項目の具体的活動を実施しています。
一般社団法人 軽金属学会ホームページ