藤川真樹准教授(コンピュータ科学科)がDICOMO 2018で優秀論文賞を受賞

2018/09/12

藤川真樹准教授(コンピュータ科学科)が、マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO 2018)シンポジウムにて発表した論文「セラミックス製品を対象とする人工物メトリクスのための機能性材料の開発」が、優秀論文賞を受賞しました。
 
共著者は、原万里子氏(コンピュータ科学科4年生)、小山紗季氏(2017年度・コンピュータ科学科卒業生)と渕真悟准教授(青学大)です。ともに、当該賞の受賞者です。
 
当該賞は、会期中に発表された論文のうち、優れた論文に対して授与されます。
 
藤川准教授は、セキュリティやセーフティに関する研究を行っており、当該技術の事業化に向けて取り組んでおります。。
DICOMO 2018表彰
セキュリティ科学研究室