生協学生委員会がリリパックの回収活動を行っています

2018/10/12

生協学生委員会とは、工学院大学生協組合と共に学生の生活全般をより良くするための活動を行っている団体です。
その中で、生協学生委員会では、現在、リリパックの回収活動を行っています。

リリパックとはお弁当の容器のことで、八王子キャンパスでは、1号館1階の生協店舗で販売されているお弁当の容器と3階グリルコーナーで販売されているからあげの容器に使われています。リリパックはフィルムだけがごみとなり、容器は再利用ができるため、非常にエコであることが特徴としてあげられます。

リリパックの回収を実施する目的として、リリパックの回収を通じて、学生に環境問題に目を向けてもらうことを目指しています。回収方法は以下の通りです。

回収方法 八王子キャンパスの以下2カ所に弁当容器回収ラックを配置し、 生協学生委員会が回収を促す。 
①18号館1階生協店舗前のゴミ箱横
②18号館2階食堂下膳口の横
リサイクル
協力機関
NPO法人タンポポ作業所
活動期間 2018年7月中旬~開始
なお、活動の実績として、2018年9月27日までに、1670個のリリパック回収を回収しました。しかし、日々使われているリリパックに対し1割程度しか回収できていない現状があります。後期の活動では一週間ごとに回収個数を学生委員が数え、どの程度回収できているかを具体的な数値で掲示することで、回収率を上げたいと考えています。そして、リリパック使用者の6割程度の回収率を目標に掲げ、活動を行っていく予定です。

今後の生協学生委員会の活動にご期待ください。
生協学生委員会Twitter