情報学専攻生がHCGシンポジウム2018で学生優秀インタラクティブ発表賞を受賞

2019/01/23

2018年12月14日に三重県伊勢市・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢で行われたHCGシンポジウム2018で本学情報学専攻の小沢勲男さんが「学生優秀インタラクティブ発表賞」を受賞しました。
 
事前に提示された数字に影響を受けるアンカリング効果について、数理モデルにより定量的に評価する手法について発表を行いました。特に性質の異なる複数の質問を行うことで問題に関する知識量とアンカリング効果の聞きやすさの関係が個人ごとにどのように異なるかを評価できる可能性を提示しました。
 
「学生優秀インタラクティブ発表賞」は、受賞対象となる発表(約80件)のポスター発表に対して参加者の投票により決定します。受賞者は計5名でした。
数理解析研究室