• Home
  • 2018年度のお知らせ
  • 建築学専攻生が2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会材料施工部門若手優秀発表を受賞

建築学専攻生が2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会材料施工部門若手優秀発表を受賞

2019/02/21

建築学専攻修士課程1年の半座三紗子さん(指導教員:田村雅紀教授)が、2018年度日本建築学会大会(東北)学術講演会材料施工部門において、若手優秀発表賞を受賞しました。研究題目は、「遺産的建造物における剥離したラス漆喰天井実部材を用いた劣化状態の評価」。

受賞コメント
この度、日本建築学会全国大会にて若手優秀発表賞を賜り、誠にありがとうございます。研究の実施に際しては、指導教員である田村先生をはじめ多くの皆様にご指導ご鞭撻を賜りました。この機会をお借りして、御礼申し上げます。
田村研究室