• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 化学応用学専攻生が 3rd International Symposium on Anodizing Science and Technology でBEST POSTER AWARDを受賞

化学応用学専攻生が 3rd International Symposium on Anodizing Science and Technology でBEST POSTER AWARDを受賞

2019/07/03

2019年6月4日に淡路夢舞台国際会議場で開催された一般社団法人法人表面技術協会 金属のアノード酸化被膜の機能化部会(ARS)主催の3rd International Symposium Society on Anodizing Science and Technology(第三回アノード酸化の科学と技術に関する国際シンポジウムAST2019)において、化学応用学専攻修士課程2年の松本幹正さん(無機表面化学研究室・阿相英孝教授)がBEST POSTER AWARDを受賞しました。

本賞は90分のポスターセッションにおいて、プレゼンテーション能力・研究理解度・発表態度について審査員の評価により選出されるもので、松本さんを含め5名がBEST POSTER AWARDを獲得し、松本さんは全体の2位として表彰状と副賞が授与されました。

受賞コメント
この度はBEST POSTER AWARDを頂き、大変光栄に思います。このような賞をいただけたのも阿相先生・橋本先生のご指導をはじめ、多くの方々からのお力添えがあったからだと思います。この受賞を励みに、より一層努力を惜しまず研究を行っていきたいです。
無機表面化学研究室
化学応用学専攻
大学院の活動・実績