英国協定校コンコルド・インターナショナルとの協定を更新

2019/09/10

9月4日、佐藤学長が英国・ケント州カンタベリーにある協定校コンコルド・インターナショナルを訪問し、2014年に締結していた協定書の更新を行いました。

コンコルド・インターナショナルは、カンタベリー市の中心に位置する創立40年以上の私立の語学学校で、40カ国以上から留学生を受け入れ、アットホームな校風の中で英語教育を実施しています。
本学も2014年に協定を締結して以来、180名以上の建築学部学生をハイブリッド留学において受け入れていただいております。
2019年度も40名の建築学部学生が参加するハイブリッド留学がスタートしたばかりであり、佐藤学長が訪問した際、ロンドンで活躍する卒業生のエピソードを交えながら学生を激励しました。

学校校舎の見学後、協定書更新のための調印式では、コンコルド・インターナショナルのコリン・ストーン校長が出迎え、和やかなムードの中佐藤学長とストーン校長がそれぞれ協定書に署名しました。
言葉・国境を超えたグローバル教育・人材育成を行うプログラムへの期待を述べ、引き続き今後も、留学プログラムを通して協力することを誓い合いました。

ハイブリッド留学