• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 機械工学専攻生が「材料技術研究協会2019年度討論会」で「ゴールドポスター賞」を受賞

機械工学専攻生が「材料技術研究協会2019年度討論会」で「ゴールドポスター賞」を受賞

2020/02/04

2019年12月6日に日本大学駿河台キャンパスにて開催された「材料技術研究協会2019年度討論会(主催:材料技術研究協会)」において、ポスター発表を行った機械工学専攻修士1年の森野麻衣子(もりのまいこ)さん(高分子材料研究室所属)が研究題目「麻繊維/PA1010バイオマス複合材料の熱的性質に及ぼすエポキシ樹脂を用いた繊維表面処理の影響」(森野麻衣子/梶山哲人/西谷要介)で「ゴールドポスター賞」を受賞しました。

本賞は、発表されたポスターの中でも極めて優秀な発表であると認められたものに贈られる賞で、発表された49件の中から選ばれ,表彰状を授与されました。

受賞コメントこれまでの研究成果が認められ、このような賞をいただき大変嬉しく思います。日々、御指導して頂き、このような素晴らしい発表の機会を与えてくださった機械工学科高分子材料研究室の西谷要介教授に厚く御礼申し上げます。また、研究室の皆様には日頃から実験や討論、発表の準備などで協力していただき感謝申し上げます。
高分子材料研究室
機械工学専攻
大学院の活動・実績