学園祭実行委員会が八王子キャンパスにおいて受付門を製作

2020/02/27

学園祭実行委員会では、毎学園祭の目玉として東門、南門装飾、受付門を3月~10月の約7ヶ月間に渡り作製しています。

今回の製作にあたり、こだわった点は、世界旅行の“出発点のシンボル”であるというところです。第57回八王子祭のテーマである『世界旅行』はキャンパスを回ることで世界“旅行”の世界観を表現しました。その出発点として東門と南門に日本の城を建て、世界旅行が日本から始まり日本で終わるという設定を再現しました。そのなかでも、特に特徴的な屋根や石垣を実物に近い形で表現致しました。

作製していく上で難しかった点は、骨組み同士を合わせる作業がうまく合わず、微調節が大変だったところです。

最後になりますが、2019年度は台風19号の影響でやむなく学園祭が中止となってしまいました。しかし、この悔しさを胸に、次年度は学園祭の目玉でもある3つの門、そしてその他沢山のコンテンツを用意して皆さまをお待ちしておりますので、お楽しみにお待ち下さい。

学園祭実行委員会