建築学部生が「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に採用

2020/02/27

建築学部4年の北垣萌さんが官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に第12期派遣留学生として採用されました。トビタテ生の誕生は、本学初となります。
採用された留学計画のタイトルは「保存再生分野に優れたイタリアにおける建築・都市デザインの探求」です。

北垣さんは“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”の育成という観点から、支援にふさわしい人材として高く評価されました。
今後約1年間イタリアのヴェネチア建築大学での学修およびインターンシップに挑戦します。

帰国後はトビタテ生として大学内外問わず、アンバサダー、エヴァンジェリストとして広く活動することが期待されています。

トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム|文部科学省
建築学部
建築学部の活動・実績