キャンパスの入構禁止について(理事長メッセージ)

2020/04/06

学園関係者の皆様へ
学校法人工学院大学
理事長 後藤 治


本学園においては、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、既に新学期の各学校の授業開始等の日程を変更する等の対応をしております。

こうした中、感染拡大がさらに進み、東京都から外出等の自粛要請が出され、政府においては、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部が設置され、近々緊急事態宣言が発出される見込みとなっております。

このような状況を踏まえて、本学園は、教育という公益を担う学校法人として感染拡大防止を最優先することとし、当面、原則として学校内への立ち入りを禁止し、学生・生徒、教職員等学内業務従事者全員が、可能な限り外出を自粛し、一人一人が「感染しない・感染させない」行動を徹底して行う体制を取ることといたしました。

教職員については、原則として在宅勤務といたしますので、本学園への、ご連絡、お問い合わせについても、対応は在宅勤務を前提とした電子メール等での対応が主体となり、ご不便をお掛けすることもあろうかと思いますが、事情ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

本学園は、国を挙げての感染拡大防止に学園としても最優先で取り組み、学生・生徒の快適な教育環境の維持に努め、新型コロナウイルスの感染拡大が終息した際には、できる限りスムーズに教育研究活動が再開できるよう努力してまいりますので、ご関係者の皆様のご理解、ご支援を賜りますよう、重ねて、お願い申し上げます。