建築学専攻生が一般社団法人日本建築材料協会より優秀学生賞(修士論文)を受賞

2020/04/28

建築学専攻修士2年の乙幡祐平さん(田村研究室・田村雅紀教授)の修士論文「外壁タイル剥離診断における機械学習評価に向けた標準化仕上げ材料による打診時反発音の周波数特性分析」が一般社団法人日本建築材料協会より「2020 大学院・大学の部 優秀学生賞」を受賞しました。

一般社団法人日本建築材料協会「優秀学生賞」について:
建築材料を主として勉学する大学院生、大学生および専門学生等に対し建築材料の普及啓発に努めるため、建築材料の調査研究、新たな開発および発展に寄与した学生を高く評価することを目的として創設されました。

受賞コメント
このたび、日本建築材料協会にて優秀学生賞を賜り、誠にありがとうございます。 研究の実施に際しては、指導教員である田村先生をはじめ、情報学部小林良太郎先生、FBSミヤマ共同研究の皆様にご指導ご鞭撻を賜りました。この場をお借りして、御礼申し上げます。
優秀学生賞 選考委員会 | 一般社団法人日本建築材料協会
田村研究室
建築学専攻
大学院の活動・実績