新型コロナウイルス感染症拡大に伴う支援について(理事長メッセージ)

2020/05/01

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う学生・生徒のみなさまへの支援策について
内容が更新されています。最新情報はこちらをご確認ください。
本学で学ぶ学生、生徒の皆様並びにその関係者の皆様へ

学校法人工学院大学
理事長 後藤 治
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発出され、厳しい外出自粛が続き、学生・生徒の皆さんは、通常授業が実施されず、友人・家族等との接点が減少する環境の中で、進級・卒業への不安(とりわけ学生の皆さんは就職活動への不安、アルバイトができない等による経済面の不安)等々、様々な不安をいだかれていることと思います。特に、新入生の皆さんは、同級生、教員との対面での接点がこれまでになく、特に大きな不安を抱かれていることと思います。

本学においては、新型コロナウイルスの感染拡大防止を最優先にしつつも、学生・生徒の皆さんが進級・卒業する上で必要な授業を実施できるよう、文部科学省が示した授業内容・授業期間の基準の緩和方針に基づき、当面通常授業に代わり遠隔授業を活用する等の対応を決めたところです。遠隔授業の実施に必要な通信環境の確保については、学生・生徒の皆さん一人一人の状況を教職員が把握した上で、個別に実施に必要な環境を確保するための支援を行い、可能な限り公平な環境下で授業が行われるよう努力する所存です。現状をご理解の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

政府は、既に今般の状況を踏まえ、国民全員への10万円の特定給付金の給付に加え、家計急変学生への経済的支援策として、独立行政法人日本学生支援機構の「高等教育就学支援制度による奨学金」の柔軟な対応等の支援策を発表しています。また、先日は官房長官が学費減額の支援についても検討する旨を発言しています。本学では、学生・生徒の皆さんが政府の支援を活用できるよう、担当窓口を設けております。また、国や東京都等による公的支援の拡充につきましては、これまで私立大学協会等の公的団体を通じて国や東京都に働きかけてきたところですが、今後も引き続きその活動を続けてまいりますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

本学では、公的支援に加えて、学園独自の支援も行います。東日本大震災の時には、創立125周年事業の寄付金を原資に、奨学制度の拡充や被災地の復旧活動の支援を行いました。今回の支援では、本学園の収益事業の果実である「エステック奨学金」並びに教職員や校友による寄附金を原資に、総額1億円の規模とする予定です。支援の具体的な詳細につきましては、改めてご案内いたしますが、今後の環境変化も見極めながら、すべての学生・生徒の皆さんが学習を継続できるよう支援を行っていく所存です。

なお、学費の納入期間の延長についても、これまで本サイトや学生ポータル(キューポート)等でお知らせしておりますが、柔軟に対応いたしますので、遠慮なく担当窓口までお申し付けください。

本学の理念である「無限の可能性が開花する学園」の下、すべての学生、生徒が安心して学園生活を送ることができるよう、教職員一同、今後とも最大限の努力をしてまいります。校友はもとより、本学と関係のある多くの皆様にご理解いただき、引き続きご協力、ご支援いただけるよう重ねてお願い申し上げます。
新型 コロナウィルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ|文部科学省
特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)|総務省
日本私立大学協会の新型コロナウイルス感染症拡大への対応について|日本私立大学協会
お問い合わせ