情報セキュリティと情報倫理について

2020/05/01

工学院大学学生の皆様へ

副学長(教学担当)
副学長(大学院担当)

5月11日(月)より前期日程および1Qが遠隔授業として始まります。学生の皆様には、遠隔授業を受講するにあたり、情報倫理の重要性を理解し遵守することが求められます。そのため、授業受講に先立ち、事前講義として「遠隔授業と情報セキュリティ」が設定されています。情報セキュリティと情報倫理に関する大切な講義ですので、必ず受講をしてください。

なお、授業の妨害やプライバシーの侵害、著作権の侵害を招く恐れのある以下のような行為は、「工学院大学学生懲戒規定」第5条第6項「情報倫理に反する行為」に該当し、訓告、停学、退学といった懲戒の対象となります。

  1. 担当教員の許可無く遠隔授業で配布された資料等を再配布すること。これにはスクリーンショットなどの間接的な情報も含まれます。
  2. ユーザIDやパスワードを家族を含めて他の人に教えること。ポータルのユーザIDはもちろん、講義のURL、ミーティングIDも共有することは許されません。
  3. 授業を妨害するような発言、内容をミーティングスペースに発信する。

これらの行為につきましては、十分に気をつけてください。また、「オンライン受講5つのNO」にあるような、倫理的に問題のある行動は取らないように注意をしてください。