• Home
  • 2020年度のお知らせ
  • 富樫英介准教授(建築学科)が、Japan Architectural Review「The 2019 Best Paper Awards」を受賞

富樫英介准教授(建築学科)が、Japan Architectural Review「The 2019 Best Paper Awards」を受賞

2020/09/29

2020年9月、富樫英介准教授(建築学部建築学科)が、論文「Prediction of the lighting energy‐saving effect by human detectioncontrol with an office worker agent model」で、Japan Architectural Reviewの「The 2019 Best Paper Awards」を受賞しました。

同レビューは、日本建築学会が発行する雑誌で、日本の建築研究を世界に発信することを目的としています。
2019年度の最優秀論文賞は、52の論文から4論文が選ばれました。
Japan Architectural Review 公式サイト
建築設備 富樫研究室
建築学科
建築学部
建築学部の活動・実績