電気・電子工学専攻生がISAT-19で3rd BEST PAPERを受賞

2021/01/26

2021年1月14日にオンラインで開催されたThe International Symposium on Advanced Technology(ISAT)-19のHuman Engieering & AI and Smart Systems sessionにおけるポスター発表において、大学院電気・電子工学専攻博士後期課程3年のPaulus Kapunja Shigwedhaさん(生体生命情報研究室・福岡豊教授)が「Reducing bias and improving contrast of parametric images in positron emission tomography」に関する研究発表を行い「3rd BEST PAPER」を受賞しました。

生体生命情報研究室
電気・電子工学専攻