藤賀雅人准教授(まちづくり学科)が2021年日本建築学会奨励賞を受賞

2021/04/30

藤賀雅人准教授(まちづくり学科)が「建築基準法施行令の策定過程 -建築基準法制定時の技術基準の検討に関する研究-」で、2021年日本建築学会奨励賞を受賞しました。

本賞は、近年中に発表された独創性・萌芽性・将来性のある建築に関する優れた論文等の業績に授与されるものです。
受賞論文は、1950 年の建築基準法制定時の技術基準としてまとめられた同法施行令の制定過程を詳細に考察したもので、多数の新規事実を含むとともに、法制度の史的研究として今後の展開が期待できる点が評価されました。

2021年各賞受賞者 | 日本建築学会
一般社団法人日本建築学会は、会員相互の協力によって、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかることを目的とする学術団体です。1886年(明治19年)に創立されて以来今日にいたるまで、わが国建築界においてつねに主導的な役割をはたしてきました。
まちづくり学科