建築学専攻生が学生卒業設計コンクールで審査員特別賞を受賞

2021/06/28

公益社団法人日本建築家協会(JIA)関東甲信越支部学生デザイン実行委員会主催の「第30回JIA東京都学生卒業設計コンクール2021」において、大学院建築学専攻修士1年の梅原千夏子さん(冨永研究室・冨永祥子教授)が、作品「棚田が育む不登校の子ども達のためのフリースクールの提案」で山田憲明賞(審査員特別賞)を受賞しました。

JIA東京都学生卒業設計コンクールは東京都内の建築系学生の卒業設計における登竜門であり、毎年各大学のハイレベルな卒業設計がエントリーします。
今年度は東京の建築系学部・学科を持つ各大学から55作品の応募があり、昨年度と同様オンラインでの審査となりました。

  • 梅原さんの受賞作品
  • 梅原さんの受賞作品
  • 梅原さんの受賞作品
  • 梅原さんの受賞作品
  • 梅原さんの受賞作品
  • オンライン審査の様子

全国審査に進む作品を選ぶため、5月15日の1次審査・6月6日の2次審査が行われた結果、梅原さんの作品は構造家の山田憲明さんから「ストーリーや設計のきめの細かさ」を高く評価され、審査員賞を受賞しました。

受賞コメント
COVID-19 の影響で審査が2回に分けられ、間が3週間空いての審査会となりました。2回目の審査では前の内容をブラッシュアップさせたプレゼンを求められたことで、頂いた講評を踏まえて自分の提案の根本を考え直す良い機会となりました。山田憲明さんからは大変丁寧なコメントを頂き感激しました。本当にありがとうございました。
第30回東京都学生卒業設計コンクール 2021 公式サイト
「応募者作品」より梅原さんの作品を詳しく観ることができます。
設計・意匠分野 冨永研究室
建築学専攻