柳宇教授(建築学科)がJapan Architectural ReviewでBest Paper Awardを受賞

2021/08/26

柳宇教授(建築学科)がJapan Architectural ReviewでBest Paper Award 2020を受賞しました。

 
受賞コメント
2020年夏期に投稿し、掲載された論文です。本論文は、Covid-19に関して、比較的早期的な段階の知見をレビューしたものであり、その学術が高く評価されました。また、本論文の内容を厚生労働省や専門家会議のメンバーと共有し、行政にも寄与しました。
現在、インド由来の変異種デルタ株が猛威を振るっています。東京は4回目の緊急事態宣言の実施期間中です。今後、引き続き建築設備・環境工学の視点からCovid-19の対策に関する研究を精力的に実施します。
Japan Architectural Review Awards
建築学科