留学生サポーターが「第2回 Online Japanese Lesson」を実施

2021/10/11

9月25日(土)に、留学生サポーターでzoom(オンライン会議システム)を用いた「第2回Online Japanese Lesson」を行い、12名の日本人学生および留学生が参加しました。留学生サポーターとは、日本人や先輩留学生による、留学生のサポートを行う団体です。

当日は英語と簡単な日本語を使って、個人でスライドをつくり、自己紹介と母国のオススメの味を紹介しました。その後、発表に対する質問により、それぞれの文化について理解を深めました。母国オススメの味の紹介では、日本とは異なる各国の食文化を知り、驚いた反面、興味深く思いました。

  • 日本人学生の自己紹介スライド

  • タイ人学生のスライド

具体的な食文化紹介内容として、日本人学生からは、最近流行した食べ物について紹介をしました。日本の文化らしい、アニメキャラクターに関連した食べ物もあり、食事一つにおいても、文化が表れている事が感じられました。

タイ人学生からは、ガパオライスやシーフード料理の紹介がありました。タイの主食は日本と同じ米ですが、おかずの味付け方法は大きく異なり、ナンプラーやハーブを使ったものが多くみられました。

前回同様、最後には記念写真をとり、日本と各国の文化を教えあう、有意義な時間を過ごすことができました。

問い合わせ先 学生支援課(留学生担当)
Email:ryugakusei@sc.kogakuin.ac.jp
 
 
トップへ