Science Create Projectがクリアソン新宿に科学実験ワークショップを提案

2021/12/08

10月15日(金)にScience Create Project(以下、SCP)がクリアソン新宿と合同で、科学実験ワークショップ開催に向けての試作を行いました。

クリアソン新宿は新宿区を本拠地とし、関東サッカーリーグに所属するサッカークラブです。地域の社会課題の一つである都心・新宿のこどもたちの運動機会の確保を解決していくために活動も行っており、スポーツに限らず、新宿のこどもたちにいろいろな教育機会を提供する活動を行っています。
実験を通して子供たちに楽しく学んでもらうSCPの取り組みに共感していただき、今回のコラボレーションが実現しました。今後、SCPとクリアソン新宿は、サッカー観戦に来場した親子連れが楽しめる科学実験ワークショップなどを合同開催する予定です。

  • クリアソン新宿の方が紫キャベツのpH測定を体験

10月15日には、クリアソン新宿の方々と一緒に、ワークショップの試作を行いました。チームカラーが紫なので、ヨウ素デンプン反応、人工いくら、紫キャベツによるpH測定の実験をSCPから提案しました。ヨウ素デンプン反応ではヨウ素を滴下することでお米が紫色に変化します。人工いくらでは、紫色のいくらを作りました。紫キャベツでは、元々中性で紫色の溶液にお酢や重曹を入れることで、色を変化させ、更に色を元に戻すという実験を行いました。

今後も改良を重ねてクリアソン新宿の皆様とともに、イベントやSNSを通じて科学の面白さを多くの人に発信していきます。なお、今回のつながりは、同じく学生プロジェクトである「まち開発プロジェクト-Smart Techー」の紹介で生まれたものです。

  • SCPの学生たちが科学実験を実演する様子

Science Create Project
クリアソン新宿
トップへ