機械工学専攻生2名がISAT-20で受賞

2022/01/12

2021年11月23日~24日にオンラインで開催されたThe 20th International Symposium on Advanced Technology (ISAT-20)において、機械工学専攻修士2年の村田愛美さん、南風大さん(混相流工学研究室・長谷川浩司准教授)が、Best Presentation Awardを受賞しました。

村田愛美さんは、自身の研究題目である「Visualization of vibration behavior of multiple samples levitated in an acoustic field」について、南風大さんは自身の研究題目である「Jet formation after droplet impact into water pool」についてそれぞれ英語で発表を行い、研究の新規性や独創性などが高く評価されての受賞となりました。

村田愛美さんの受賞コメント
この度は、このような名誉ある賞をいただき大変嬉しく存じます。日頃よりご指導いただいている長谷川先生ならびに研究室の皆様、貴重な発表の機会を設けてくださった学会関係者の皆様に、深く感謝申し上げます。
南風大さんの受賞コメント
この度は、このような名誉ある賞をいただき大変嬉しく思います。これも長谷川先生をはじめとした研究室の皆様のご指導、ご意見のおかげです。この場を借りて、深く感謝申し上げます。
機械工学専攻
トップへ