• Home
  • 2022年度のお知らせ
  • 大内田研究室(建築デザイン学科)が「文化遺産としてのモダニズム建築展」の設営に協力

大内田研究室(建築デザイン学科)が「文化遺産としてのモダニズム建築展」の設営に協力

2022/04/28

近代建築の保存・再生デザインの研究を進める大内田史郎研究室(建築デザイン学科)が、八王子市の大学セミナーハウスで開催される「DOCOMOMO in DISCONT -文化遺産としてのモダニズム建築展」の設営に協力します。
本展覧会は、重要文化財となったDOCOMOMO選定建築物等をパネルや模型で紹介し、DOCOMOMO Japanの23年間のあゆみを振り返るものです。

DOCOMOMOとは、2022年現在、世界77カ国と地域において近代運動にかかわる建築と都市環境を対象にした保存と調査の活動を行っている国際組織で、大内田史郎教授はDOCOMOMO Japanの理事を務めています。

  • 4月の準備作業の様子
  • ※ 画像クリックでPDFをご覧いただけます
イベント名 DOCOMOMO in DISCONT 文化遺産としてのモダニズム建築展
開催日時 2022年5月13日(金)~17日(火)
11:00~18:00(最終入場 17:30/17日 15:00まで)
会場 大学セミナーハウス 中央セミナー室
参加費 一般800円、学生・DOCOMOMO Japan会員500円 ※高校生以下 無料
事前申込み 必要
主催 一般社団法人 DOCOMOMO Japan
お問い合わせ DOCOMOMO Japan 事務局
お申込み
保存・再生デザイン 大内田研究室
DOCOMOMO Japan
トップへ