後藤理事長が、有形文化財のビアホール 銀座ライオンビルについて解説

2022/04/28

本学理事長の後藤治教授は、建築史、歴史的建造物の保存修復を専門とし、各地の文化財調査などに協力しています。今年2月に国の登録有形文化財(建造物)に登録された「銀座ライオンビル」もその一つです。

1934 年創建され、内装はほとんど当時のままに維持されているこの建物について、後藤教授は「銀座に1世紀近く存在してきたことは特筆。」と語り、建築空間が企業のブランディングに果たす役割の大きさを示した好例と評価しています。

4月15日の東京新聞に、同ビルの写真と共に、後藤治教授のコメントが掲載されました。

東京新聞「ビアホール 88年の歴史醸す風合い 銀座ライオンビル 有形文化財に」
2022年4月15日 07時11分
トップへ