• Home
  • 2022年度のお知らせ
  • 藤木隆明教授(建築デザイン学科)が「現代美術館の家」で International Property Award を受賞

藤木隆明教授(建築デザイン学科)が「現代美術館の家」で International Property Award を受賞

2022/06/30

藤木隆明教授(建築デザイン学科)の主宰する建築設計事務所(F.A.D.S)で設計した作品「現代美術館の家」が、2022年度のInternational Property Award(アジア太平洋地域・個人邸宅部門)を受賞しました。

International Property Awardは、建築を不動産的価値の観点から評価・顕彰するもので、今年で29年目となる伝統ある国際賞です。

受賞コメント
素晴らしいクライアントと巡り合えたことで、国際的な賞を受賞できたことを嬉しく思います。私たちはコロナ禍のため出席を見送りましたが、6月23日にロンドンにて授賞式が行われました。
なお、「現代美術館の家」は、他にも、イタリア A' Design Award 2015-2016 建築部門[金賞]、ふくい建築賞2016住宅部門[優秀賞]、日本建築学会『作品選集2017』[選定作品]などを受賞しています。
International Property Award
80人を超える専門家から成る審査委員会において、デザイン、品質、サービス、革新性、独創性、持続可能性への取り組みなどの観点から総合的に評価され、その議長を、イギリス議会の貴族院議員であるケイスネス伯爵、ベスト卿、ウェイバリー卿が務めています。
受賞結果
建築デザイン学科
トップへ