化学応用学専攻生が日本膜学会第44年会で学生賞を受賞

2022/08/09

2022年6月9日~10日、オンライン・オンサイト併用開催となった日本膜学会第44年会において、化学応用学専攻修士2年の佐野正宗さん(エネルギーシステム工学研究室・赤松憲樹教授)が研究発表を行い、「学生賞」を受賞しました。

研究題目:促進酸化水処理とAGET-ATRP法を用いたpoly(2-methoxyethyl acrylate)グラフト精密ろ過膜の開発

受賞コメント

この度、日本膜学会第44年会において学生賞をいただき、大変うれしく光栄に思います。この栄誉ある賞を受賞できましたのは、赤松先生、王先生、中尾先生、岡田先生をはじめ多くの方々のご指導をいただいて得られた成果だと実感しています。今回の受賞を励みにより一層、研究活動に励んでいきたいと思います。

エネルギーシステム工学研究室