電力システム研究室

太陽光・風力発電と共存する大規模電力システムの研究

指導教員:野呂 康宏 教授

電力システムは、電力エネルギーの発生から輸送・供給を担う現代社会の重要インフラで、大規模かつ高度に制御されたシステムであり、日々新しい技術を取り込んでいます。特に、低炭素社会に向けて太陽光発電や風力発電を大量に導入するためには、例えば発電出力が気象条件に左右されるなどのさまざまな課題があり、発電システム側と、発電電力を受け入れる電力システム側の双方から解決策を研究開発しています。また、遠方へ効率よく電力を送ることができる直流送電など、パワーエレクトロニクスを応用した研究も行います。
  
 
主な研究
テーマ
新しい機能を持つ電力システムの研究
太陽光・風力発電の接続方法の研究
パワーエレクトロニクスの電力応用研究
キーワード 電力システム / 新エネルギー / パワーエレクトロニクス

工学部の研究室