モデルロケットプロジェクトが全国大会に向け、2度目の外部打上試験を実施

2018/10/20

10月16日(火)、モデルロケットプロジェクトが全国大会に向け、2度目の打上試験を実施しました。

1度目の打上試験で見つかった課題を克服するため、機体の改良をメンバー総出で行い、野田スポーツ公園にて2度目の打上試験に臨みました。1度目の試験では軌道の安定しない機体があることが判明したため、改良を行い安定性を向上させました。

その結果、軌道の安定性については成果が見られました。しかしながら、機体の耐久性については課題が残る結果となりました。野田スポーツ公園での2回の打上試験により飛行データを得られたため、今後は試験場所を八王子キャンパスに移し、機体改良と打上試験を続けていきます。

工学院大学モデルロケットプロジェクト
工学院大学モデルロケットプロジェクト Twitter