• Home
  • 2018年度のお知らせ
  • モデルロケットプロジェクトが後期活動に向け、新宿-八王子キャンパス間でのテレビ会議を実施

モデルロケットプロジェクトが後期活動に向け、新宿-八王子キャンパス間でのテレビ会議を実施

2018/11/26

モデルロケットプロジェクトが11月21日(水)、新宿・八王子キャンパス間で職員を交えてテレビ会議を行いました。
 
会議には現在の代表とこれからのプロジェクト活動を担う1年生が出席し、前期の反省点と後期の目標を焦点に話し合いました。
その中で最重要視されたのが、代表が総合して取り扱っている仕事を分担し各セクションが責任を持って実施していくことです。
 
前期の活動では、全てのセクションにおいて代表に頼っていた部分があり、来期も今期のような活動ペースを維持できるのかという不安がありました。
この点を改善しなければ、今期に好評価を受けたモデルロケットプロジェクトの活動力そのものが失われてしまうという危機感を各セクションリーダーが感じていました。
 
この課題を解決するため、後期の活動方針として、メンバー間で更なる情報共有を進めること、代表が総合して行っている仕事を理解し次世代メンバーが責任を持って遂行していくことを再確認しました。
 
今回の決意を行動に移し、プロジェクトとして成長を続けていきます。
工学院大学モデルロケットプロジェクト
工学院大学モデルロケットプロジェクト Twitter