• Home
  • 2019年度のお知らせ
  • 見崎大悟准教授(機械システム工学科)監修の『実践 スタンフォード式 デザイン思考』が発売、記念ワークショップも開催(10/12)

見崎大悟准教授(機械システム工学科)監修の『実践 スタンフォード式 デザイン思考』が発売、記念ワークショップも開催(10/12)

2019/09/20

9月6日(金)、見崎大悟准教授(機械システム工学科)が監修を務めた『実践 スタンフォード式 デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決』が発売されました。
また、出版を記念して10月12日(土)には著者・監修者によるワークショップが開催されます。

見崎准教授は、2015年度、アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるスタンフォード大学のCenter for Design Researchに Visiting Associate Professorとして滞在しデザイン思考の研究を行い、現在は本学の教育でも積極的にデザイン思考を取り入れています。
 

『実践 スタンフォード式 デザイン思考 世界一クリエイティブな問題解決』
出版記念 デザイン思考ワークショップ

日時 2019年10月12日(土)10:00(開場 9:30)
会場 インプレスグループセミナールーム
(東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング 23階)

イベント詳細はこちら
ヒューマンインタフェース研究室
機械システム工学科
工学部
工学部の活動・実績